私の親戚が再生医療の最前線で研究をしている関係で、幼い頃から再生医療が身近な環境で育ってきた。私自身、歯髄細胞を利用して失った永久歯を再生させ、今もその歯を使用している。

不老もそういった簡単な技術の延長で可能である。歯ができたなら、毛、爪、皮膚、そしてあらゆる細胞に応用させることができる。

歯髄細胞をはじめとした再生医療に使用する細胞は冷凍保存により長期保存することができる。現在、できるだけ若い頃の細胞を保存する方が分裂が活発的で良いとのことである。